株日記

ブログの語尾をどうするかという問題

投稿日:

 

 

ブログを書くと決めたときまず何に悩んだかと言えば「である」調で行くべきか、「ですます」調で行くべきかということだった。である調とですます調が持つ個人的なイメージとしては、以下のような感じ。

■である調の文章イメージ
・説得力がある
・人間らしさがある

■ですます調の文章イメージ
・当たり障りがない
・万人受けする

当ブログ管理者「毘沙門」の仕事場での人間性は限りなく「当たり障りのない」、「万人受けする」ということを好む人間である。会社生活においては誰とも深く付き合おうとはせず、後輩に対しても「さん」付けをして馴れ馴れしさは極力排除する。当ブログを始めるのに対しても「ですます」調で書くほうが随分書きやすいはずだった。

ただ、色々なブログを読んでいると「ですます」調のブログの方がより単調な感じを受けることが多い。もちろん「ですます」調にも色々ある。当サイトオススメリンクの「乙さん禄」(※現在はスロプロ告白記)は基本的には「ですます」調なのだが、「ですます」調と「である」調を上手く併用しており、人間らしさがある一方で「である」調の持つ「押しつけがましさ」がない。

色々と考えた結果、「である」調で文章を書くことで普段の実生活で見せない「人間らしさ」という部分と、思ったことをそのまま書こう!という意思のもと、「である」調に落ち着いている。こんなことを考えてブログを書いているひとはいるのだろうか?こう見えて毎回毎回ブログを書く際に、「である」調で書いている自分に若干の疑問を持ちつつ、今日もまた「である」調で書いているのだ。

実際はそんなことあまり気にしなくてもいいのだろうね。きっと。思ったことをただ書くということが一番人間らしさがでるのだろう。

 

さて、株の話。

今日は日経平均・振興ともきつい相場でしたね。
■日経平均 -351円(-1.57%)
■マザーズ -26.1(-2.32%)

という訳で市場は全面安の様相の中、私個人の資産評価額は日経平均もマザーズをも上回る「-2.8%」を叩き出し、-180万円という記録的大敗を期した。これは笑えないレベルである。-180万円と言ったら半年分の手取り以上になる。(給料安!!)前場は10分ごとにマイナス幅が拡大していく辛い相場で、仕事どころではなかった。同じ境遇の方も多いのではないだろうか。

明日(11/16)が大事な局面になってくるだろうと思うが、為替がかなり円高に振れているので、プチバブルの崩壊という格好になる雰囲気もある。明日の朝は忙しくなりそうだ。職場のトイレにこもりつつスマホ片手に株価チェックしているだろうね。

 

 

おすすめ記事一覧

1

イタリア旅行からおおよそ1年が経過した。「株」と「世界遺産巡り」と称して全く世界遺産巡りが出来ていない日々に嫌気がさしつつあるが、1年が経過したということもありイタリア最終編をようやく更新しようと思う ...

2

  11/29(木) 11:00 トレードの基本は損切である。損失は小さく、利益は大きくである。暴落する半導体関連株を全撤退して、実は銘柄を入れ替えていました。購入したのはこれ ■nmsHD ...

3

  ついに手を出してしまったビットコイン。 今更、当サイトを訪れるような兄者がビットコインと知らないとは思ってもいないが... ビットコインとは? ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮 ...

-株日記

Copyright© 毘沙門の「株」と「世界遺産巡り」 , 2018 AllRights Reserved.