株日記

テクノロジーがくれた宝物

投稿日:

 

今日の新興市場の動きはまさにリバウンドを象徴する動きと言っても良いのではないだろうか?まず持ち株の2銘柄が大爆発した。

■トリケミカル研究所 前日比+350(+8.58%)
材料はレーティングという証券会社の思惑であるが、やはりこの株は裏切らない。持っていればお金が増える銘柄No.1である。

■レントラックス 前日比+91(+11.70%)
材料は月次売上高が前年比+20%とか、本業が順調に売り上げを伸ばしてくれている。ただ明日暴落しそうではある...。

やはり、株をやっていてこういう+5%を大きく超える上昇を味わうとやめられない。昨日まで年初来マイナスだったが、本日をもってまたプラス圏に突入でございます。

 

しかし、そんな株なんてどうでもよくなる出来事が発生することになりました。

なんと

・・・

・・・・・

「一人暮らし期間が発生することになりました!」

8月の頭から嫁さんが子供を連れて実家に一足早く帰省するということで、また1週間程度の完全一人暮らし期間を貰えることに相成りました。前回は何も考えずただパチ屋に足を運び「朝一1000円でGOD2回引いて負ける」という屈辱的失態を演じてしまった。

そこで今回はこの天国1週間を実りのあるものにしなければならない。8月にパチンコ屋に行ったところで3万負けてイライラが募るだけで、全く気持ちよくなんかなれるはずはない。運頼みでGODを打つほど愚か者ではない。

そこで考えたのがコレである。

そう、VRゴーグル。専門的な言い方をするとHMD(ヘッドマウントディスプレイ)である。

聡明な諸兄たちであれば経験者もいるかも知れない。スマホをゴーグルにセットすることでバーチャルリアリティが体験できる。昔からかなり興味はあったものの、家族がいる家で見ることは無いだろうという考えもあったが、そもそもVR技術がまだまだしょぼくて、本当に現実感が得られるのか疑心暗鬼であった。

これは、昔スピリッツか何かのマンガ「ルサンチマン」というVR未来を描いたマンガがあったが、このマンガではバーチャルリアリティーの技術進歩が凄まじく、これを付けた人間は現実なのかバーチャルなのか区別がつかないほどであった。

そしてVR技術に関して言えば、このマンガほどの未来が来るのはもう少し先だと思っていたが、そうではないらしい。2018年現在のVR技術ではさすがに感触までは感じることはできないが、すぐそこにバーチャルな世界が広がるということは感じることが出来るらしい。そしてVRで見るものと言ったらあれしかない。

やはり人間は動機付けされると何事に対しても色々と調べるものである。このVRでAVを見るというのはテクノロジーがもたらした一人暮らしの男への最後のプレゼントであると言っても過言ではない。そしてVRゴーグルは3000円も出せばそれなりのものが手に入るのだ。

家族がいる者には縁の無い代物であったVRゴーグル。あれを付けた状態(+全裸)で家族にばれたらそれこそ離婚一直線である。ましてやこどもにバレたら間違いなくぐれてしまうこと請け負いである。

その諦めていたVRの世界が8月になったら楽しめるという期待感からか、もう楽しみで夜も眠れない。


※画像はイメージです

次回はVRゴーグルで無料で楽しめるサイトを紹介しよう。乞うご期待!

 

あれ?株は?世界遺産は?と思ったらポチッとお願いします!

 

おすすめ記事一覧

1

イタリア旅行からおおよそ1年が経過した。「株」と「世界遺産巡り」と称して全く世界遺産巡りが出来ていない日々に嫌気がさしつつあるが、1年が経過したということもありイタリア最終編をようやく更新しようと思う ...

2

  11/29(木) 11:00 トレードの基本は損切である。損失は小さく、利益は大きくである。暴落する半導体関連株を全撤退して、実は銘柄を入れ替えていました。購入したのはこれ ■nmsHD ...

3

  ついに手を出してしまったビットコイン。 今更、当サイトを訪れるような兄者がビットコインと知らないとは思ってもいないが... ビットコインとは? ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮 ...

-株日記

Copyright© 毘沙門の「株」と「世界遺産巡り」 , 2018 AllRights Reserved.