イタリア

イタリア第1章(出発→イタリアまで)

更新日:

2016年10月29日から11月5日まで7泊8日で一人でイタリアへ行った。なぜイタリア?かと言えば、まだ私が幼い頃にテレビで見た聖闘士星矢の中の、神殿がカッコ良かった!というのが理由だ。そしてそういう迫力のある神殿やら塔やら教会を見たいというのがきっかけ。

スポンサーリンク

↑こういう感じの神殿ね。

神殿と言えば最初に来るのがギリシャなのだが、治安の悪さもあり、イタリア(ローマ)に決めた。

イタリア観光日程

  • 10/29 23:40 関空発
  • 10/30 04:50 ドバイ着
  • 10/30 09:40 ドバイ発
  • 10/30 13:20 ヴェネツィア着(マルコポーロ空港)
  • 11/04 14:55 ローマ初(フェウミチーノ空港)
  • 11/04 23:40 ドバイ着
  • 11/05 03:20 ドバイ発
  • 11/05 17:10 関空着

基本イタリアは日本からの直通便では無いらしく、今回はドバイ経由。ドバイと言えば大富豪の住む街というイメージがあり非常に楽しみであったのだが、結局空港から外には出られないためにあまり楽しめることは無かった。行きも帰りもドバイで4,5時間の乗り継ぎがあったのも最初は楽しかったのだが、やはり一人で居るには長すぎる乗り換えだった。

 

自宅~関空

10/29。23:40発とは言え、イタリアで使用するWifiレンタルショップが21時に閉まるということも有り早めの電車で関空に向かう。電車が人身事故で停止したときはさすがに少し焦ったが、結局10分程度の遅れで関空に着くことができ、Wifiもゲットできたところでいざチェックインの列に合流。

チェックインも長蛇の列。結局30分くらい並び、チェックインを済ませ、サンマルクカフェでコーヒーを楽しみ、無事出発!

 

関空 → ドバイ

まずもって、イタリアという国は遠い。23:40発04:50着だと5時間くらいしか乗っていないように思えるのだが、時差が5時間あるためドバイまでで10時間以上乗っていることになる。更にドバイからローマまでは6時間40分乗るので、トータル17時間くらい乗っていることになる。この乗車時間の長さは乗るまであまり気にしていなかったが、実際乗ってみると非常に大変。やはりビジネスクラス以上で行けるようなマネーが欲しい。

ドバイ着。エミレーツ航空だったのだがサービスや設備は非常に良い航空会社であった。ドバイ空港に到着するとバスが迎えに来てくれて、空港施設まで10分ほどバスに乗車する。そこから免税店などがあるところまでは更に5分程度も歩く。とにかくドバイ空港は広い、全部回ることは不可能なほど。

 

ここがドバイ空港の免税店などのエリア。ひとつのフロアを見て回るだけで2時間くらいかかるかも知れない。5時間も待ち時間があったので結構見ることができたが、今後のために体力を温存しておいた。

 

 

ドバイを立つ頃にはもう日が明けて気温もかなり上昇していた。右側がエミレーツ航空のシート。画面は大きく、リモコンも最先端のタッチパネル付きコントローラでかなりお金掛かってる感じがあった。

 

そして、イタリアへ無事到着した。

第2章ヴェネツィアへつづく。

おすすめ記事一覧

1

イタリア旅行からおおよそ1年が経過した。「株」と「世界遺産巡り」と称して全く世界遺産巡りが出来ていない日々に嫌気がさしつつあるが、1年が経過したということもありイタリア最終編をようやく更新しようと思う ...

2

  11/29(木) 11:00 トレードの基本は損切である。損失は小さく、利益は大きくである。暴落する半導体関連株を全撤退して、実は銘柄を入れ替えていました。購入したのはこれ ■nmsHD ...

3

  ついに手を出してしまったビットコイン。 今更、当サイトを訪れるような兄者がビットコインと知らないとは思ってもいないが... ビットコインとは? ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮 ...

-イタリア

Copyright© 毘沙門の「株」と「世界遺産巡り」 , 2018 AllRights Reserved.